メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 大坂、3回戦進出

危なげなく2回戦を突破したフェデラー=ロイター

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第4日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス2回戦があり、第18シードの大坂なおみ(日清食品)が6-3、6-4で世界ランキング122位のケイティ・ボールター(英国)を降して2年連続で3回戦進出を果たした。3回戦は、元世界ランキング1位で第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)と対戦する。男子シングルス2回戦は、前年準優勝で第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)が敗退した。

 男子ダブルス1回戦では、第14シードのマクラクラン勉、ヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)組が6-4…

この記事は有料記事です。

残り2074文字(全文2364文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです