メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

ブックエンド&図書館より

 ◆「サイのクララの大旅行 幻獣、18世紀ヨーロッパを行く」 グリニス・リドリー著 矢野真千子訳/東洋書林

1頭のサイと1人の人間との旅を描く

 18世紀の半ば、あるオランダ人船長がメスのインドサイを相棒にヨーロッパを20年近くかけて巡業しました。サイの名前はクララ。親を亡くし、人間に育てられたために人懐っこく、船長にも懐いていました。当時ヨーロッパでは、サイを知る人はほとんどおらず、背中に角がある幻の獣と思われていました。

 クララの見物は大変な評判となりました。クララと船長はマリア・テレジア女帝に謁見し、ヴェルサイユに招…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです