メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

芦屋歴史の里 視覚的に地域学ぶ 港町の往時、企画展で紹介 収蔵する史料は1万6000点

「おかみさんの旅日記展」の準備を進めている山田克樹さん

 芦屋町の「芦屋歴史の里」は響灘と接する遠賀川の河口に開かれ、古くから交通や物流の要所として栄えた地域を紹介する町立の歴史資料館。中でも年2回開く企画展は「芦屋の歴史を『等身大』で伝えよう」と学芸員の山田克樹さん(55)が知恵を絞って作り上げる“逸品”ぞろいだ。【奥田伸一】

 日本の近現代史に影響を与えた一族。明治・大正期に商店が家庭に配ったチラシ。田畑の収穫高や気温など膨大なデータを書き残した農民。国指定重要文化財の「芦屋釜」の中世の製造拠点。戦前の飛行場から離発着した軍用機--。

 いずれも近年、歴史の里で開催した企画展のテーマ。多彩かつ全て地元と縁の深いものばかりが並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです