メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

麻薬撲滅、続く処刑「まるでフィリピン」

押収した麻薬「ヤーバー」を見せる警察幹部=バングラデシュ南東部テクナフで2018年6月23日、松井聡撮影

 【コックスバザール(バングラデシュ南東部)で松井聡】バングラデシュのハシナ政権が5月に始めた麻薬密売の撲滅作戦を巡り、国際社会の批判が高まっている。当局はこれまでに密売人ら少なくとも147人を殺害し、2万1000人を拘束。殺害は裁判を経ておらず、人権団体からは「フィリピンのドゥテルテ政権が超法規的な殺害をしている麻薬戦争と同じだ」と懸念の声が上がっている。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1097文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです