メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

麻薬撲滅、続く処刑「まるでフィリピン」

押収した麻薬「ヤーバー」を見せる警察幹部=バングラデシュ南東部テクナフで2018年6月23日、松井聡撮影

 【コックスバザール(バングラデシュ南東部)で松井聡】バングラデシュのハシナ政権が5月に始めた麻薬密売の撲滅作戦を巡り、国際社会の批判が高まっている。当局はこれまでに密売人ら少なくとも147人を殺害し、2万1000人を拘束。殺害は裁判を経ておらず、人権団体からは「フィリピンのドゥテルテ政権が超法規的な殺害をしている麻薬戦争と同じだ」と懸念の声が上がっている。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1097文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです