メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢、8場所連続休場 来場所に再起懸け

休場の理由について語る稀勢の里=名古屋市西区の田子ノ浦部屋宿舎で2018年7月5日、藤田健志撮影

 大相撲名古屋場所(8日初日、ドルフィンズアリーナ)を前に、横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)の休場が決まった。稀勢の里は5日、名古屋市西区の部屋宿舎で「必死に稽古(けいこ)をしてきたが、調整がうまく進まなかった」と語った。横綱の8場所連続休場は、年6場所制になった1958年以降、7場所連続の貴乃花を上回り単独最長。

 4日夕方に師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)に相談して決めたという。2日から3日連続で出稽古する…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文566文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  3. 懲戒処分 交際女性にけが 県職員 /熊本
  4. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず
  5. 山口・乳児暴行死 県「厳粛に受け止める」 関係機関の対応検証へ /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです