メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

稽古に変化、にじむ覚悟 稀勢の里休場

すり足で汗を流すなど稽古に取り組んだ稀勢の里=名古屋市西区の田子ノ浦部屋宿舎で2018年7月5日、藤田健志撮影

 5日、大相撲名古屋場所への休場を決めた稀勢の里は「来場所に全てを懸けて頑張っていきたい」と語った。昨年の夏場所以降、休場を決めた当日に口を開くのは今回が初めて。次に出る場所に進退を懸けるのかとの記者の問いかけには、「そういう気持ちでやっている」と力を込めた。秋場所への並々ならぬ覚悟をにじませた。

 名古屋場所に向けた稽古(けいこ)に臨む稀勢の里には、これまでの場所前とは異なる姿が見られた。前頭筆頭の正代や同2枚目の千代の国ら、本場所で対戦が確実な相手と胸を合わせた。2日には白鵬とも相撲を10番取った。出稽古で両横綱が顔を…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文658文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです