メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/199 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(34)

 火花や炎が届かない距離まで、不発弾の関門から離れると、タケシは足をとめて振りむいた。心臓が痛いほど弾んでいる。登美子と直邦は手をとりあって、炎の柱を左右に避けながらこちらにやってくる。濡(ぬ)れた防空頭巾からは湯気があがり、ぽたぽたと水滴が垂れていた。不発弾の関門までやってくる。距離は十メートルとすこし。タケシは叫んだ。

「登美ちゃん、そこにある不発弾に気をつけて。いつ破裂するかわからない」

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文961文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです