メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/199 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(34)

 火花や炎が届かない距離まで、不発弾の関門から離れると、タケシは足をとめて振りむいた。心臓が痛いほど弾んでいる。登美子と直邦は手をとりあって、炎の柱を左右に避けながらこちらにやってくる。濡(ぬ)れた防空頭巾からは湯気があがり、ぽたぽたと水滴が垂れていた。不発弾の関門までやってくる。距離は十メートルとすこし。タケシは叫んだ。

「登美ちゃん、そこにある不発弾に気をつけて。いつ破裂するかわからない」

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文961文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]