メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
余録

「あなたが今持っている物語は…

 「あなたが今持っている物語は、本当にあなたの物語なのだろうか? あなたの見ている夢は本当にあなたの夢なのだろうか? それはいつかとんでもない悪夢に転換していくかもしれない誰か別の人間の夢ではないのか?……」▲村上春樹(むらかみ・はるき)さんは地下鉄サリン事件を追ったノンフィクション「アンダーグラウンド」のあとがきにそう記した。魂のレベルアップには通勤ラッシュの地下鉄でサリンをまけばいい--途方もない悪夢が若者らを支配した23年前だった▲そして平成最後の夏、その悪夢を生んだオウム真理教元代表の松本智津夫(まつもと・ちづお)死刑囚ら7人の死刑の執行が伝えられた。ではこの教祖の何が信者多数を非道な行為に走らせたのか。松本死刑囚の口から事件の核心はついに語られなかった▲オウム真理教事件で世が驚いたのは、理系の高等教育を受けた若者らが超能力や終末論、陰謀論など、いかにも怪しげな教義のとりこになって犯罪を重ねたことだ。バブル崩壊後の日本社会の虚を突かれた思いに人々は言葉を失った▲信者たちの「リアル」の逆転はどうして起きたのか。人々を「この世」につなぎとめる精神の重りはどこへ行ってしまったのか。歳月は流れ、法の裁きは下されたが、そこから教訓をくむべき多くの問いは答えられないままに残された▲オウム真理教の複数の後継教団には今も1600人以上の信者がいる。怪しい妄想にのみこまれない確かな物語、時の試練に鍛えられた理想や信仰を私たちは今手にしているだろうか。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
    3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
    5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです