メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

安倍外交にモノ申す気概=伊藤智永

あの帰国から15年たった=羽田空港で2002年10月15日、中村琢磨撮影

 火を噴く言論に接した。短く威勢のいいセリフなら国会やテレビでも耳にするが、経験に裏打ちされた熱情を、孤高を恐れぬ論理で語ることは易しくない。

 「今の日本には外交が消えてしまった。国内向けに強い主張をすることに類いまれな政権だけど、じゃあ結果を出していますか」

 日本記者クラブ(東京都千代田区)の「平成とは何だったのか」というシリーズに3日、田中均元外務審議官(現日本総研国際戦略研究所理事長)が登壇した。

 北朝鮮拉致被害者5人と家族の帰国を実現させ、日朝国交正常化交渉の開始を含む平壌宣言をまとめた小泉純…

この記事は有料記事です。

残り1710文字(全文1963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです