メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU通商規制受け入れ メイ首相方針、閣僚は反発

 【ロンドン矢野純一】メイ英首相は6日、閣僚会議を開き、欧州連合(EU)からの離脱後の通商関係などについて議論した。メイ氏はEUの通商ルールなどの規制を受け入れる方針を示すとみられるが、完全な離脱を求める閣僚からの反発は根強い。議論の行方によっては、今後のEUとの交渉がさらに難航する可能性もある。

 閣議では、英国が離脱する来年3月から2020年12月までと設定された「激変緩和の移行期間」が終了した後のEUとの通商関係を話し合う。離脱後のEUと英国の関係を定める離脱交渉の最も重要な部分だ。メイ氏はこの…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです