メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

まとめ髪で夏を涼しく

くしで逆毛を立てる=根岸基弘撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 子どもたちが汗びっしょりになる季節。女の子の長い髪はすっきり結んであげたいが、幼児のうちは毛量が少なく崩れやすい。簡単なまとめ方を、7歳女児のママで資生堂ヘアメイクアップアーティストの斎藤有希子さんに聞いた。

 幼児の髪が扱いにくいのは細くて柔らかい、いわゆる「猫っ毛」と呼ばれる髪質で、毛量も少ないため。斎藤さんはベタつかないヘアクリームなどを全体に軽くもみこみ、引っ掛かりを作ることを勧める。この日は、手や顔の保湿剤としても使える合成香料不使用のヘアクリームを少しずつ手にとって伸ばした。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1006文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです