メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/332 第9章 12=高村薫 田中和枝・挿画監修

 東町のバス道で上田朱美の自転車と遭遇した小野雄太も、あいつ朝帰りかと一瞬思ったが、数秒後には遅刻しそうだと気づいて幼なじみの姿は背後に飛び去ってしまった。また浅井忍も、ウィンドブレーカーのフードを目深に被(かぶ)った朱美とすれ違った瞬間、耳元で『太鼓の達人』の赤と青の音符がちょっと飛び跳ねたが、それはトロデーン城へ急ぐ足に速やかに蹴散らされてしまい、代わりにステッキを振り回す魔女が再び瞼(まぶた)に降りてきたのだった。もっともその数分後、忍は西武多摩川線のトンネルの手前まで来たところで、凍結した路面でスリップして転倒し、氷の刃の一撃を肘や肩に食らって思わぬダメージを受けた。それが回復しないまま、いったん敗退したので、結局野川公園には行かずじまいになったのだ。

 そのトロデーン城では、起きだした栂野(とがの)雪子が勝手口の外にゴミ袋をだし、氷の膜かと思うほどの…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです