メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー ロシア、「反ドーピング」アピール 全検体WADA管理

 <Russia 2018 WorldCup>

 今回のW杯は、2014年のソチ冬季五輪を機にロシア選手を取り巻くドーピング問題が明るみに出てから、初めてロシアで開かれる主要な国際大会だ。ロシアは、ドーピング対策を進めていることをアピールする機会ともとらえている。

 国際サッカー連盟(FIFA)が行うW杯でのドーピング検査は、FIFAから委託された医師が検体を採取。検体は欧州の他国の検査機関へ運ばれ、世界反ドーピング機関(WADA)の管理下で分析される。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は一切の関与をしない。RUSADAのパフノーツカヤ次官は「FIFAから依頼があれば手伝うが、ロシアの圧力という話が出ても困る。依頼がなければ何もしない」とのスタンスを示す。

 ロシアの国ぐるみのドーピング違反を巡っては、16年のリオデジャネイロ五輪は各国際競技団体に認められ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです