メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織逆転、3回戦進出

逆転勝ちした錦織=AP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第4日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス2回戦が行われた。第24シードの錦織圭(日清食品)が、世界ランキング184位のバーナード・トミック(オーストラリア)に逆転勝ちし、3年連続で3回戦に進出した。

 錦織は1932、33年に4強入りした佐藤次郎を抜いて日本男子最多の大会通算15勝とした。前回準優勝で第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)は、世界ランキング82位のギド・ペジャ(アルゼンチン)に逆転負けした。女子ダブルス1回戦は、穂積絵莉(橋本総業)加藤未唯(ザイマックス)組、二宮真琴(橋本総業)オクサナ・カラシニコワ(ジョージア)組がともに敗れた。

 第5日は6日、女子ダブルス2回戦で、青山修子(近藤乳業)ジェニファー・ブレイディ(米国)組が、第6…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1166文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. AV問題 フリー女優連盟が発足 出そろった業界団体
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです