メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英首相

EU通商規制を受け入れへ 閣僚は反発

 【ロンドン矢野純一】メイ英首相は6日、閣僚会議を開き、欧州連合(EU)からの離脱後の通商関係などについて議論した。メイ氏はEUの通商ルールなどの規制を受け入れる方針を示すとみられるが、完全な離脱を求める閣僚からの反発は根強い。議論の行方によっては、今後のEUとの交渉がさらに難航する可能性もある。

 閣議では、英国が離脱する来年3月から2020年12月までと設定された「激変緩和の移行期間」が終了した後のEUとの通商関係を話し合う。離脱後のEUと英国の関係を定める離脱交渉の最も重要な部分だ。メイ氏はこの日の…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです