メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段、決勝進出ならず 王座戦挑戦者決定T

藤井聡太七段

 高校生棋士の藤井聡太七段(15)は6日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第66期王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝で斎藤慎太郎七段(25)に103手で負けた。藤井が今年度中にタイトル獲得の可能性を残す棋戦は棋王戦だけになった。

 力戦になり、中盤から先手番の斎藤が有利に指し進めた。藤井も驚異的な粘りを見せたが、斎藤が的確に藤井の玉に迫り、投了に追い込んだ。藤井の通算成績は81勝14敗(未放映のテレビ対局を除く)になった。

 斎藤七段は「激しい将棋になり、最後までどちらが勝っているのか分からなかった。(渡辺明棋王との)決勝も勢いよくぶつかっていきたい」と話した。ベスト4で敗退した藤井七段は「ここで負けたのは力不足。収穫もあったので、それを力に頑張りたい」と雪辱を誓っていた。

 タイトル挑戦の最年少記録は1989年に屋敷伸之九段(46)=当時四段=が棋聖戦に挑戦した17歳10カ月。最年少タイトル獲得は90年の棋聖戦で屋敷=同五段=が達成した18歳6カ月。【新土居仁昌】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]