メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栃ノ心

06年夏場所の白鵬以来新大関場所優勝へ「プレッシャーはあるよね」(スポニチ)

 日本相撲協会は6日、大相撲名古屋場所(8日初日、ドルフィンズアリーナ)の取組編成会議を開き、新大関の栃ノ心(30=春日野部屋)は初日に東前頭2枚目の勢(31=伊勢ノ海部屋)、2日目に西前頭2枚目の千代の国(27=九重部屋)の挑戦を受けることが決まった。合口が悪くない両力士との対戦で勢いをつければ、06年夏場所の白鵬以来となる新大関場所優勝も夢ではない。

    ) 心拍数が上がってきた。新大関・栃ノ心は愛知県春日井市の春日野部屋で6日、基本動作を確認。すでに実戦的な動きは出稽古などで仕上げているが、メンタル面については「負けたらアカンとは思ってないけど、プレッシャーはあるよね」と本音が漏れた。

     昇進後、初めての本場所。これまでは「いつもの場所と同じ」と平静を装ってきた。それでも初日が近付くと緊張感は隠せない。

     一方で初日の相手、勢は先日、プロゴルファー比嘉真美子(24)との婚約を発表。今最も話題の力士の一人だが、栃ノ心は過去7勝4敗と戦績ではリードしている。2日目に対戦する千代の国には不戦勝を除き5勝1敗とこちらも合口がいい。

     3日目以降には、2場所連続で敗れている正代戦が控える。初日の勢との対決を制して勢いに乗り、難敵と当たる前に肩の力を抜きたいところだ。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
    3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
    5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです