メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

朝鮮半島と日本 リスクかチャンスか=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 朝鮮半島情勢に大きな変化が起こる兆しが見える。しかし、米誌「タイム」が表題で「リスクばかり目立つショー」と形容したように、短期的には、北朝鮮が果たして約束を守るのかというリスク、米国がいらだって過激な行動に走るリスクなどもあり、見通しは不透明だ。一応、緊張緩和の行程が始まったことは否定できないが、この過程にも、日本にとって中長期的観点でのリスクが潜んでいる。

 朝鮮半島における中国の影響力が格段に強化され、北朝鮮のみならず韓国も中国寄りの姿勢に傾く可能性も一…

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1749文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  4. 「きょうは違う景色に見えた」菜七子騎手、初G1に
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです