メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

朝鮮半島と日本 リスクかチャンスか=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 朝鮮半島情勢に大きな変化が起こる兆しが見える。しかし、米誌「タイム」が表題で「リスクばかり目立つショー」と形容したように、短期的には、北朝鮮が果たして約束を守るのかというリスク、米国がいらだって過激な行動に走るリスクなどもあり、見通しは不透明だ。一応、緊張緩和の行程が始まったことは否定できないが、この過程にも、日本にとって中長期的観点でのリスクが潜んでいる。

 朝鮮半島における中国の影響力が格段に強化され、北朝鮮のみならず韓国も中国寄りの姿勢に傾く可能性も一…

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1749文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです