メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パキスタン

シャリフ氏禁錮10年 汚職、優勢な総選挙に打撃

 【ニューデリー松井聡】パキスタンの裁判所は6日、所得隠しに関与したとして汚職罪に問われたナワズ・シャリフ元首相(68)に対し、禁錮10年の有罪判決を言い渡した。同氏は、25日に実施される総選挙で優勢と伝えられてきた「パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派」を事実上率いており、選挙を前に打撃を受けた格好だ。

 地元メディアによると、シャリフ氏は、娘マリアム氏や息子が租税回避地(タックスヘイブン)に設立した会…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです