メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

いのちを手で見る 視覚障害児が学ぶ生物の授業

生きていく力、培う

 視覚障害者が「生物」を学ぶのは容易ではない。形や色の違いといった自然界の多様性への理解を、目の障害が阻むからだ。しかし「『生物』の楽しさを伝えたい」との志を持った教師たちが、その壁に立ち向かい、手の触覚を生かす教育方法を編み出した。それから40年以上、ほぼ形を変えずに続いている。

 私(記者)は昨年秋から、筑波大付属視覚特別支援学校(東京都文京区)の中学1年の「生物」の授業に参加し、取材してきた。これは、そのリポートである。

 生物教室の机の上に、使い込まれた道具のようにやや色あせたイヌの頭蓋骨(ずがいこつ)が7個並べられた…

この記事は有料記事です。

残り4754文字(全文5027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです