メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 斎藤四段 宮田門下、初の棋士 飛車を活用して完勝

斎藤明日斗四段

 <第77期順位戦C級2組 脇謙二八段VS斎藤明日斗四段>

 今回は斎藤明日斗四段を紹介しよう。斎藤は神奈川県出身、もうすぐ20歳になる。小学校に入る前に父親に将棋の本を与えられる。その後、将棋会館の道場で指していたが、小学3年のときに宮田利男八段の三軒茶屋将棋倶楽部に通い始める。

 宮田に駒落ちでみっちり指導されて強くなり、小学6年のときに奨励会入り。宮田一門の研究会とネット将棋で鍛え、17歳で三段に。三段リーグでは8勝10敗、9勝9敗、10勝8敗と徐々に成績を上げ、そして4期目に14勝4敗の星を挙げて、昨年10月に19歳で四段となった。宮田門下としては初の棋士誕生で、「棋士になれたのも、宮田利男先生が僕の師匠だったからです。師匠、本当にありがとうございました」と「将棋世界」誌で述べている。

 棋風は師匠と同じ居飛車党で、ひねり飛車を得意とする。現在ひねり飛車を指す棋士はほとんどおらず若手に…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1388文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]