メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 同好の士がいるとショッピングに勢いがつく。どういう作用が働くのだろう。いけない、いけないと思いながら勢いが止まらない。一人のパワーが重なって何倍にもなる--そういう過去があった。年齢だったのだろう。今、そんなパワーは体の奥深くに沈められ、動く様子もない。

 例えば、ビーズや半貴石に夢中になった。ニューヨークのデパート、バーニーズで出合ったカズコさんの作品に魅せられ、私もアクセサリー作りを始めた。同好の士にアシスタントをしてもらい、教室も始める。新宿にバーニーズができたときは、アクセサリーだけでなく、衣装やバッグなど高価で買えないけれど見るだけでどきどきした。

 デザイナーのカズコさんのことになると、目が星になり熱く語り始めると止まらないくらい。しかし終了とい…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです