メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

佐藤優・評 『読書という荒野』=見城徹・著

 (幻冬舎・1512円)

ピカレスク小説の主人公のよう

 小説でもノンフィクションでも作家だけでは本を作ることはできない。第1読者であり、プロデューサーでもある編集者の存在が不可欠だ。ただし、編集者の世界には「黒衣に徹する」という美学があるので、その仕事の実態は外部からよく見えない。出版社にはそれぞれ個性がある。見城徹氏が社長をつとめる幻冬舎は優しさと乱暴さが複雑に絡み合った独特の個性を持つ出版社だ。本書は見城氏の自伝、編集という特殊な文化についての紹介、作家論が有機的に結合したユニークな作品だ。

 見城氏は、慶應義塾大学法学部を卒業した後、廣済堂出版に入社する。入社後、初めて企画した『公文式算数…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1521文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. ORICON NEWS 鈴木保奈美『SUITS』クランクアップ「“織田節”を堪能いたしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです