メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『やっぱ志ん生だな!』 著者・ビートたけしさん

 (フィルムアート社・1512円)

「かなわない」名人の神髄

 昭和という時代に光を放った落語家、五代目古今亭志ん生。本書は、希代の名人への敬愛を込めながら、<困ったことにいまだに現代の人間に挑んでくる>その芸の神髄を鋭い切り口で、かつ痛快に論じる。

 「昔から志ん生・文楽(八代目桂文楽)論はよくやっていた。文楽はデッサンがやたらすごくてマチスかな、という感じがあって、志ん生さんはピカソだって。デッサンもできるけど、それに飽き足らない人」

 口をついて出てくるのは、志ん生へのあふれる思いだ。「どちらかっていうと、自分には志ん生さんの壊し方…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです