メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「働かせ放題」法と人手不足 東京五輪「おもてなし」が見もの

松尾貴史さん作

 日常の、大抵の段取りを何でもかんでもスマートフォンに頼ってやっているうちに、脳も体も退化してしまうのではないかと思うようになってきた。京都の街の「姉三六角蛸(たこ)錦」のようなわらべ歌で地図を頭に入れていた時代から昭和のあたりまでは、確かに今のデジタル文明社会に比べれば、不便ではあるけれども、私たちの脳内の状況は活発だったのではないかと思う。

 無人島に行ってナイフ一丁で生活できるスキルは求めないにしても、少ない道具や情報を組み合わせて想像力…

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1529文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです