メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者中毒死

31歳元看護師を逮捕 殺人容疑で神奈川県警

大口病院=横浜市神奈川区で2017年1月、本社ヘリから丸山博撮影

 横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で2016年9月に入院患者2人が相次いで中毒死した事件で、神奈川県警は7日、うち1人の患者の体内に界面活性剤を主成分とする消毒液ヂアミトールを注入して殺害したとして、同病院の元看護師、久保木愛弓容疑者(31)=横浜市鶴見区=を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者によると、久保木容疑者は消毒液を注入したことを認めたうえで、任意の事情聴取では「入院患者20人ぐらいにやった」との趣旨の話をしたという。連続不審死事件は発覚から2年を前に大きく動き出した。

 中毒死したのは西川惣蔵さんと八巻信雄さん(ともに当時88歳)。一方、死亡した別の高齢患者の男女2人から界面活性剤の成分が検出されたことも、捜査関係者への取材で判明した。県警は関連を調べている。

 逮捕容疑は16年9月18日午後、4階の病室で西川さんの点滴のチューブを経由して界面活性剤「塩化ベンザルコニウム」を含むヂアミトールを投与し、中毒死させたとしている。県警によると久保木容疑者は容疑を認め、「(西川さんに)申し訳なかった」と供述している。

 界面活性剤は細菌のたんぱく質を腐食して殺す消毒作用があり、高濃度で体内に入ると多臓器不全などを起こす恐れがある。

 大口病院では、西川さんに続いて同室の八巻さんが同月20日に死亡。点滴が不自然に泡立っていたことなどから司法解剖した結果、体内や点滴から界面活性剤の成分が検出された。その後、西川さんも同様の中毒死と判明した。

 西川さんは9月18日午後4時50分ごろに心拍数が低下し、同7時ごろに死亡した。久保木容疑者は、18日は午後3時ごろ出勤。同4時45分ごろに西川さんの病室に1人で入るのを同僚が目撃し、その5分後に容体が急変したという。

 県警は、西川さんや八巻さんがいた病棟の看護師らに看護服の提出を求めて調べた結果、久保木容疑者の看護服から多量のヂアミトールが検出された。ただ目撃や服は間接的な証拠で、県警は慎重に捜査を進めていた。そうした中、今年6月下旬以降に任意で事情を聴いたところ、容疑を認めたため逮捕に踏み切った。

 病院関係者によると、4階病棟では16年7月1日から事件が発覚した9月20日までの約2カ月間に患者計48人が死亡している。【中村紬葵、国本愛】

 【ことば】入院患者連続中毒死事件

 横浜市神奈川区の大口病院で2016年9月20日、4階病室に入院中の八巻信雄さん(当時88歳)が亡くなり、体内から界面活性剤の成分が検出された。その後の捜査で、同月18日に同じ病室で亡くなった西川惣蔵さん(同)からも同じ成分が検出された。2人の死因は中毒死。界面活性剤の成分は消毒液「ヂアミトール」に含まれるものと同タイプで、神奈川県警は同月、何者かが点滴などを通じて患者の体内に消毒液を混入させた殺人事件とみて捜査本部を設置し、捜査していた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. 世界一大きい金魚すくい 何匹すくえる? 藤沢であす /神奈川
  4. 日本酒 SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]