メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/200 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(35)

 タケシは再び不発弾に耳を澄ませた。まだなにかが煮えたぎる音はきこえてこない。空を見あげた。あちこちで黒煙があがり、空全体が広大な煙突にでもなったようだ。上空ではB29が銀の翼をきらめかせ、無表情に新たな焼夷(しょうい)弾をばら撒(ま)いている。空襲警報と高射砲の炸裂(さくれつ)音、それに無数の爆撃機のエンジン音は鳴りやまなかった。耳が麻痺(まひ)するというより、お腹(なか)が痛くなりそうな音だ。

「さあ、いこう。最初はナオくんと兄ちゃんだ。登美ちゃんはすこし離れてついてきてくれ。不発弾の音に気を…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文967文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです