メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

栃ノ心、白星発進

栃ノ心(左)が寄り切りで勢を降す=大西岳彦撮影

初日(8日・ドルフィンズアリーナ)

 新大関の栃ノ心は勢を寄り切って快勝し、白星スタートを切った。横綱は春場所からの3場所連続優勝を狙う鶴竜が松鳳山、4場所ぶりの優勝を目指す白鵬が玉鷲を退け、ともに初日白星。カド番大関の高安は琴奨菊を突き落としで破った一方、豪栄道は正代に送り出されて黒星発進となった。

 =十両勝負=

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです