メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栃ノ心(左)が寄り切りで勢を降す=大西岳彦撮影

初日(8日・ドルフィンズアリーナ)

 新大関の栃ノ心は勢を寄り切って快勝し、白星スタートを切った。横綱は春場所からの3場所連続優勝を狙う鶴竜が松鳳山、4場所ぶりの優勝を目指す白鵬が玉鷲を退け、ともに初日白星。カド番大関の高安は琴奨菊を突き落としで破った一方、豪栄道は正代に送り出されて黒星発進となった。

 =十両勝負=

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです