メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「空襲の後も苦労が多く、結婚式の写真もなかった母だから」。「おばあちゃんの原宿」として知られる東京・巣鴨にある「えがお写真館」。女性(59)の視線の先には、大きな鏡の前に座って、美容師に化粧をしてもらっている母、渡辺令子さん(80)の姿があった。50分ほどで入念なヘアメークが終わるとスタジオに移った。

 渡辺さんが写真館を訪れたのは遺影をつくるためだ。8年前に夫を亡くして1人暮らし。友人たちと旅行に行…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS トミカファンのコレクター欲を刺激する「武将コレクション」 2月は「伊達政宗」を大胆デザイン
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです