メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人形浄瑠璃

近松作「出世景清」 333年ぶり通し上演

 江戸元禄期に活躍した近松門左衛門(1653~1724年)の出生伝承を街づくりに生かす山口県長門市で8日、近松作の浄瑠璃「出世景清(しゅっせかげきよ)」が貞享2(1685)年の初演以来、333年ぶりに復活上演された。多額の私費を投じるなど長年構想を温めてきた日本近世演劇研究の大家、鳥越文蔵・早稲田大学元演劇博物館長(90)は「『曽根崎心中』に匹敵する作品を残しておきたいという念願がかないました。大変うれしく思っています」と感慨深そうに話した。【中澤雄大/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1107文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです