メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

星野君の二塁打=小国綾子

 小学6年の「道徳」の教科書に載っている教材「星野君の二塁打」が議論を呼んでいる。野球チームで監督から犠打を命じられた星野君、それに背いて二塁打を放つ。その結果、チームは勝利するが、星野君は監督から「チームの約束を破り、輪を乱した」ことを理由に、次の大会で出場禁止を言い渡されてしまう、という話。

 でも、星野君のしたことは本当に悪いこと? ふと、約10年前に米国で体験した少年野球を思い出した。現地のチームで野球をしていた息子が、毎打席のようにバントサインを出されたことがある。「自分の打撃がダメだから」と落ち込む息子を見かねて、家族で監督に理由を聞きに行った。ところが、監督は「えーっ! 君はバントが好きだと勘違いしてたよ。だって、バントサインに『ノー!』と言わなかったじゃないか」。

 日本では監督の指示に黙々と従うのが美徳なんです、と説明したら、監督は息子にこう諭したのだった。「こ…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. はやぶさ2 小型探査ロボット2台投下 小惑星に向け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです