メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/201 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(36)

 不発弾の不吉な関門の向こうで、登美子が震えながらうなずいた。

「うん、映画だね」

「そうだよ。好きな映画を何本でも観(み)られる」

 そのとき急にテツがいっていた言葉を思いだした。くいしんぼうのテツは戦時中の今では口にできないご馳走(ちそう)をでたらめにあげていた。あのときはきいているだけで、お腹(なか)が空(す)いて困ったものだ。

「登美ちゃん、楽天地でカレーライスたべて、今川焼たべて、アイスクリームもたべられる。今夜の空襲を逃げ…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文889文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]