メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 広野真嗣さん かくれキリシタンの今

 ■消された信仰 広野真嗣(ひろの・しんじ)さん 小学館・1620円

 副題は「『最後のかくれキリシタン』--長崎・生月島(いきつきしま)の人々」。世界遺産となる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のドキュメンタリーかとも思うが、さにあらず。その遺産から黙殺された信仰に光を当てた作品だ。

 島に関心を持ったきっかけは、「かくれキリシタンの聖画」という小学館の画集を見たことだ。1960年代の島で撮影されたもので、キリスト教信仰とは思えないものもあった。例えば、「洗礼者ヨハネ」がちょんまげをつけている。「この信仰をみてみたい」と、取材を始めた。子どものころプロテスタントの洗礼を受けたものの「ペーパークリスチャン」と自認しているが、キリスト教に関する知識は役立ったはずだ。

 かくれキリシタンに関する研究書を、60冊ほど集めた。分厚い先行研究がある中で、「1冊の本にまとめる…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです