メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

お天気の「はれ」を大きい辞書で引くと…

 お天気の「はれ」を大きい辞書で引くと「晴れ」と並んで「霽れ」という表記がある。この「霽」、漢字としては「晴」よりもずっと古い時代からある字で、雨かんむりの下の「齊」には終わるという意味がある▲つまり雨が終わって晴れるという変化を示す霽なのだそうな。円満字二郎(えんまんじ・じろう)さんの「雨かんむり漢字読本」(草思社)からの受け売りだが、漢字を生み出した中国古代の占師の関心が、もっぱら天気の変化にあったことの表れのようだ▲記録的な豪雨から一転、梅雨明けに--この「霽れ」を複雑な思いで迎えた西日本の被災地である。泥に埋まった街並みと続く土砂災害の危険、寸断された交通網、そして避難先での暮らし。それを夏の太陽が焦がし、炎暑が包んだ▲梅雨末期の大雨は必ずしも珍しくない西日本だ。しかし九州から岐阜県に及ぶ広域で、同時多発的に観測史上かつてない雨量がもたらされた今回だった。とくに瀬戸内海地域の大きな被害が、従来の想定を超えた雨の激しさを物語る▲死者は100人を超え、安否不明者も多数にのぼるなか、なおも被害の全容は見通せない。各地に出た特別警報は「数十年に1度の災害」に警戒を呼びかけたが、すでに判明した人的被害だけで平成最悪の豪雨災害になってしまった▲今は被災住民の救援や支援に全力をあげねばならないが、いずれは自治体の避難指示などの検証もなされるだろう。雨かんむりの下に「激」や「烈」といった文字があってもいい近年の豪雨への警告である。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
    2. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
    3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
    4. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
    5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]