メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

男・村田の再出発/2 「リベンジ」意地の一発

巨人3軍との試合で、打席に向かう栃木の村田選手=栃木県民球団提供

 <document>

 栃木ゴールデンブレーブスのホームスタジアム、小山運動公園野球場。5月12日、村田修一選手(37)は「古巣」の巨人3軍との試合に代打で打席に立った。

 1点を追う九回、マウンドのプロ4年目、25歳の田中大輝投手とは、ちょうどひと回り年が違う。直球をとらえ、左中間スタンドに運ぶ豪快な逆転2ランを放った。横浜(現DeNA)と巨人で通算360本塁打を記録し、昨オフ、巨人から戦力外通告を受けた男の独立リーグ1号本塁打は、意地の一発だった。

 この巨人3軍との3連戦は前日の11日から「男・村田祭り」と銘打ってスタート。試合前には、村田選手の…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1030文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです