メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

マハティール氏の再登場 マレー系優遇見直しを=熊本県立大理事長・白石隆

 トランプ米大統領の保護主義的通商政策と貿易戦争への懸念や、米朝首脳会談などのためか、メディアの関心はすぐ失われてしまったが、実はこの5月、マレーシアで大きな政変があった。マレーシアは2016年現在、人口3200万人、国内総生産(GDP)2970億ドル(日本の6%)。決して大国ではないが、インド洋から太平洋へ至るシーレーンを扼(やく)するきわめて重要な位置にある。

この記事は有料記事です。

残り2710文字(全文2893文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです