メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

免許 高齢者向け試験新設を=新井平伊・日本老年精神医学会前理事長

 昨年3月に施行された、75歳以上のドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法(道交法)により、高齢者の運転免許返納や取り消し処分が増えている。これは新法の成果だろう。しかし、さまざまな症状の認知症の人をひとくくりにし、免許更新の適否を認知機能検査で判断する手法には問題点も多い。さらなる法改正が必要と考える。

 検査は75歳以上の人が主に免許更新時に受ける。記憶力、判断力を問われ▽「認知症の恐れ」(第1分類)…

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1285文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです