メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

名古屋城エレベーター不設置方針 バリアフリーも腰据えて=三上剛輝(中部報道センター)

入場禁止直前、観光客が詰めかけた名古屋城の現天守閣。外付けのエレベーターと非常階段が目立つ=名古屋市中区で5月4日、三浦研吾撮影

三上剛輝(こうき)

 「天下の名城」とうたわれた名古屋城(名古屋市中区)天守閣の木造復元で、バリアフリー対策の議論が白熱している。市は構造が忠実に復元できないためエレベーターを設けず、ロボットなど新技術でバリアフリーを図る方針。これに対し障害者団体などは「現実味がない」と反発し、エレベーター設置を求めている。この問題は名古屋城にとどまらず、各地で試行錯誤が続く文化財のバリアフリーのあり方を探る試金石と考える。2022年末完成の工期にとらわれず、多くの人が納得する着地点を見つけてほしい。

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2051文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです