メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

名古屋城エレベーター不設置方針 バリアフリーも腰据えて=三上剛輝(中部報道センター)

入場禁止直前、観光客が詰めかけた名古屋城の現天守閣。外付けのエレベーターと非常階段が目立つ=名古屋市中区で5月4日、三浦研吾撮影

三上剛輝(こうき)

 「天下の名城」とうたわれた名古屋城(名古屋市中区)天守閣の木造復元で、バリアフリー対策の議論が白熱している。市は構造が忠実に復元できないためエレベーターを設けず、ロボットなど新技術でバリアフリーを図る方針。これに対し障害者団体などは「現実味がない」と反発し、エレベーター設置を求めている。この問題は名古屋城にとどまらず、各地で試行錯誤が続く文化財のバリアフリーのあり方を探る試金石と考える。2022年末完成の工期にとらわれず、多くの人が納得する着地点を見つけてほしい。

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2051文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです