メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

名古屋城エレベーター不設置方針 バリアフリーも腰据えて=三上剛輝(中部報道センター)

入場禁止直前、観光客が詰めかけた名古屋城の現天守閣。外付けのエレベーターと非常階段が目立つ=名古屋市中区で5月4日、三浦研吾撮影

三上剛輝(こうき)

 「天下の名城」とうたわれた名古屋城(名古屋市中区)天守閣の木造復元で、バリアフリー対策の議論が白熱している。市は構造が忠実に復元できないためエレベーターを設けず、ロボットなど新技術でバリアフリーを図る方針。これに対し障害者団体などは「現実味がない」と反発し、エレベーター設置を求めている。この問題は名古屋城にとどまらず、各地で試行錯誤が続く文化財のバリアフリーのあり方を探る試金石と考える。2022年末完成の工期にとらわれず、多くの人が納得する着地点を見つけてほしい。

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2051文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです