メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

竹下しづの女伝=酒井佐忠

 竹下しづの女(じょ)は近代女性俳句の先駆的存在。北九州は福岡。杉田久女とともに、俳句文芸に女性への道を開いた。久女が情念的発想だったのに対し、しづの女は徹底して理性的、意識的。女性俳句全盛のいま、かつて『真実の久女』を著した坂本宮尾が、あまり知られていないしづの女に挑戦。初の本格的評伝『竹下しづの女 理性と母性の俳人1887-1951』(藤原書店)を刊行した。

 <短夜(みじかよ)や乳(ち)ぜり泣く児を須可捨焉乎(すてつちまをか)>。彼女の代表句。「ホトトギス…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです