メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琴奨菊(左)を上手投げで降す鶴竜=ドルフィンズアリーナで2018年7月9日、兵藤公治撮影

2日目(9日・ドルフィンズアリーナ)

 横綱・大関陣は安泰だった。鶴竜は琴奨菊を上手投げで破り、白鵬は速い攻めで正代を圧倒し、ともに2連勝とした。新大関の栃ノ心はまわしにこだわらず終始前に出て千代の国を降し、高安は松鳳山のつきひざで連勝。豪栄道は玉鷲を送り出し、初白星を挙げた。

 =十両勝負=

誉富 よりきり  希善

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです