メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織、初の8強 日本男子23年ぶり

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第7日は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス4回戦で第24シードの錦織圭(日清食品)は、世界ランキング138位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4-6、7-6、7-6、6-1で降し、自身初の8強入りを果たした。男子日本勢の準々決勝進出は1995年の松岡修造以来、23年ぶり。

 男子ダブルス3回戦で第14シードのマクラクラン勉、ヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)組が、フィリッ…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1143文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです