メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語り継ぐ

オウム事件と私/2 父に守られた家族 目黒公証役場事務長監禁致死事件の遺族・仮谷実さん(58)

仮谷実さん=中村宰和撮影

 死刑より重い刑罰がないのがもどかしい。凶悪な事件を起こした組織なのだから命で償うべきで、死刑の執行に特段の驚きはありません。3月に死刑囚の一部が移送され、「執行への準備が始まった」と感じていました。

 <1995年、東京・目黒公証役場事務長だった父清志さん(当時68歳)が教団元幹部らに拉致、監禁された。信者だった清志さんの妹の居場所を聞き出すのが目的だった。清志さんは麻酔薬を大量に投与され、亡くなった>

 父の事件で問われた罪はあくまでも逮捕監禁致死。遺体は元幹部らの手で灰になってしまい、直接の死因もは…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文867文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです