メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱担当相が辞任 首相のソフト路線に反発

 【ロンドン矢野純一】英国の欧州連合(EU)からの離脱交渉の責任者を務めるデービス離脱担当相が8日夜、大臣職を辞任した。デービス氏は完全な離脱を求める強硬派として知られ、6日の閣議で合意したメイ首相が示した離脱後の通商関係を規定する基本方針に反発していた。辞任で離脱交渉の行方が一層不透明になると共に、メイ政権の基盤がさらに揺らぐ可能性もある。

 6日の閣議では、離脱交渉で最も重要な離脱後のEUとの通商関係について議論。離脱後もEUの定めた製品…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです