メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師の負担軽減策

緊急対策実施の病院26.8%

大学病院は30.3% 有識者検討会で実施状況報告

 厚生労働省が2月にまとめた医師の負担軽減の緊急対策について、既に検討を始めたり、取り組みを始めたりしている公立や私立の病院は26.8%で、大学病院は30.3%だったことが9日、分かった。省内の有識者検討会で実施状況が報告された。「実施予定」と合わせると、病院は6割。

 対策の柱とされる、業務の一部を看護師などに任せるタスク・シフティング(業務移管)は「従前(対策前)…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです