メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下鴨神社

ラグビーボール型の鈴奉納 W杯成功祈る

下鴨神社の雑太社に奉納されたラグビーボールをかたどった鈴。左は坂田好弘・日本ラグビーフットボール協会副会長、右は奉納者の原幸一・フルタイムシステム社長=京都市左京区で2018年7月9日午後4時22分、川平愛撮影

 関西ラグビー発祥の地とされる世界遺産・下鴨神社の糺(ただす)の森(京都市左京区)で9日、ラグビーボール型の鈴が奉納され、関係者が2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の成功を祈った。

 鈴が納められたのは球技の神様をまつる「雑太社(さわたしゃ)」。周辺は1910年、慶応大生が京都の学生に…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです