メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

横綱・大関陣は安泰

琴奨菊(左)を上手投げで降す鶴竜=ドルフィンズアリーナで2018年7月9日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所2日目は9日、横綱・大関陣は安泰だった。鶴竜は琴奨菊を上手投げで破り、白鵬は速い攻めで正代を圧倒し、ともに2連勝とした。新大関の栃ノ心はまわしにこだわらず終始前に出て千代の国を降し、高安は松鳳山のつきひざで連勝。豪栄道は玉鷲を送り出し、初白星を挙げた。

力士ひとこと

 ○白鵬 (1度目の立ち合いで自らが手を付かず待ったに)1センチかな。おなかが出てきたかな。土俵から手が遠かった。

 ○高安 (松鳳山が足を滑らせ、つきひざで白星を拾う)相手の踏み込みが良かったので下がってしまったが…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです