メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琴奨菊(左)を上手投げで降す鶴竜=ドルフィンズアリーナで2018年7月9日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所2日目は9日、横綱・大関陣は安泰だった。鶴竜は琴奨菊を上手投げで破り、白鵬は速い攻めで正代を圧倒し、ともに2連勝とした。新大関の栃ノ心はまわしにこだわらず終始前に出て千代の国を降し、高安は松鳳山のつきひざで連勝。豪栄道は玉鷲を送り出し、初白星を挙げた。

力士ひとこと

 ○白鵬 (1度目の立ち合いで自らが手を付かず待ったに)1センチかな。おなかが出てきたかな。土俵から手が遠かった。

 ○高安 (松鳳山が足を滑らせ、つきひざで白星を拾う)相手の踏み込みが良かったので下がってしまったが…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文561文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです