メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

先場所を反省 鶴竜、うまさで白星

琴奨菊(左)を上手投げで降す鶴竜=ドルフィンズアリーナで2018年7月9日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所2日目は9日、先場所は注文相撲で降した琴奨菊を、この日はうまさで退け、鶴竜は「とりあえず良かった」と静かに汗をぬぐった。

 1敗で迎えた夏場所10日目。馬力相撲でかつては大関も務めた琴奨菊に対し、鶴竜は立ち合いで変化。観客から不評を浴びて「やってしまった。これなら負けた方が良かった」と嘆いた。

 それだけに今場所は立ち合いに集中した。「相手が当たる前に自分から」と頭で当たって出足を止め、右で上…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです