メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『うつわディクショナリー』衣奈彩子・著

日常を営む道具であり、日々の糧を受け止める

◆『うつわディクショナリー』衣奈彩子(えなさいこ)・著(CCCメディアハウス/税別1600円)

 服や音楽にも似て、うつわもやはり世の流れに洗われて、ずっと同じ色や形ではいないものだ。お皿や茶わんに描かれる、あるいは刻まれている植物や鳥などの繊細な絵柄。そして、漂白されたようにまぶしすぎることはない、見上げる雲の色のように個々に少しずつ違いのある白色。多角形の輪郭。そのあたりが、ここ10年ほどのうつわシーンを注視している者としては「今」のうつわだなあと思わされる傾向だ。

 そしてやはり、服と近しいなと思うのは、流行を映しながら、日常を営む上で必要不可欠な道具でもあるとこ…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文928文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  5. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]