メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 湊かなえ 『未来』

初期化してすべてなくすのではなく つらさを抱えても前を向けるように

◆『未来』湊かなえ・著(双葉社/税別1680円)

 「あなたの未来は、希望に満ちた、温かいものである事を伝えたかった」-。『告白』での衝撃のデビューから10年後に刊行された新作『未来』は、こうはじまる。

 父が死に、病弱な母と2人で暮らす10歳の章子に、20年後の自分から手紙が届く。しかし、その後の章子には次々につらい出来事が降りかかる。

「デビューしてからの10年間で、現実が小説を追い抜いてしまったような悲惨な事件が起きています。若い人…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1454文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです