メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外為・株式

東証 一時450円安

 11日午前の東京株式市場は、米国が中国に対する追加制裁で関税の上乗せを9月にも発動する方針を示したため米中貿易摩擦を警戒する売り注文が先行し、日経平均株価は大幅に反落した。下げ幅は一時450円を超え、節目の2万2000円を割り込んだ。

 午前終値は前日終値比305円69銭安の2万1891円20銭。東証株価指数(TOPIX)は18・64ポイント安の1697・49。

 取引開始前に、米通商代表部(USTR)が年間2000億ドル(約22兆円)に相当する中国からの輸入品…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文456文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 全日本学生落語選手権「策伝大賞」 立命館3年・高橋壱歩さん 岐阜 /岐阜
  3. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  4. 10連休のGW、旅行に予約殺到 価格高騰も
  5. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです